ビジネスで集客に繋げるための考え方

ビジネスを成功に導く思考

集客の誤った解釈

お客様には種類がある、という言い方をするとあまり聞こえはよくないですが、あります。 大きく分けると、既存のお客様と新規のお客様の2種類です。 この2種類のお客様、それぞれの立場になって考えてみましょう。 そうすることによって集客できる人数は変わってきます。

ネットの力を最大限に活用する

近年では紙媒体やテレビよりもネットの力が強まってきました。 どこでも簡単に見ることができるというのが大きな理由です。 そんなネットの力を上手く利用すれば、集客に繋がる可能性は大いにあります。 これからの時代はネットでどれだけ注目を集められるかが、集客の鍵になるでしょう。

広告も今はネットで出す時代!?

集客する方法としてまず第一に挙げられるのが広告です。 テレビCMや電車の中吊り、新聞に挟まれるチラシ。 広告というとそういったものが中心でした。 しかし、現在はスマートフォンの普及でネットでの検索が便利で簡単になり、ネットの影響力が強まりました。 広告も紙媒体よりネットの時代です。

2種類のお客様、どちらも考慮する

集客の意味を、読んで字の如く、顧客を集めることだと誤解している人は多いのではないでしょうか。
確かに辞書には集客は「客を集めること」というように書かれています。
しかし、ビジネスにおける集客は商品やサービスを購入する見込みのある人、お客様になってくれそうな人を集めることです。
大した違いがないように思われるかもしれませんが、ここには大きな違いがあります。
例えば、むやみやたらに広告を出して集客したとします。
広告を出せば当然お客様は集まってくるでしょう。
そのお客様のうちのどれくらいが広告の商品やサービスを購入すると思いますか?
実際に購入まで至るのはごくわずかのお客様です。
何も考えずにただ広告を出したとしても、本当の意味での集客が期待できないでしょう。
電車の中吊りに、「あなたの薄毛の悩みを解決します」と書かれた育毛剤の広告があったとします。
今まさに薄毛に悩んでいる人にとっては大変興味深い広告です。
反対に薄毛どころか、剛毛でいつも髪の毛のセットに手間取っている人にとってはどうでしょうか。
その広告には見向きもしませんよね。
今必要としていなくてもいつか必要になった時に買ってくれる可能性は確かにあります。
しかし、今必要としている人がお客様になってくれる可能性の方がはるかに高いです。
そういった人が何に悩んでいるのかを念頭に行動することこそが集客に繋がります。

このサイトでは、ビジネスの集客に繋げる方法についてまとめました。
上記に述べた、集客に繋げられる考え方を踏まえた上で参考にしてみてください。

おすすめリンク

もらった販促品の転売

オークションなどで販促品が出品されていることがありますが、法的に大丈夫なのかを解説します